平和な日々 

『 アトランティス協会の皆様、今晩は、お世話になっております。
星椎先生のコラムを拝見しました。
やはり私が感じたことは間違っていなかったと思い、ホッとしています。
娘が理解出来るようになるまではかなり時間を要するかと思いますし、現世では無理かもしれません。
※冬は寒いからと言う息子の嫁さん(神奈川出身)の意見を尊重し冬に里帰りしない息子夫婦。
先週急に金曜日会社が休みになったと言い、3月で2歳になる孫と一緒に3人で来る事になった。
約一年ぶりに会ったが孫も直ぐに慣れて、楽しい時間を過ごさせてもらったし息子の子育ても関心した。
帰宅後楽しかったと嫁さんから写真がラインで沢山届いた。
息子には先祖供養のことは全く話していませんが、こちらも関係しているのではないかと思った出来事でした。有難うございました。 』



星椎水精先生のコメント

人にはそれぞれのテーマがあり、それを一つ一つこなしてゆくのが人生である。要は、生前に誓ったテーマをこなしてゆけるのかが、その人の歩むべき道となる。霊界で一旦は映像化されたその道を歩むが、そこには仕掛けがあって、先祖の憑依による邪魔は除かれている。 現実にそのような憑依になった時、ひるんで一歩も歩めなくなる人が大半である。 先祖の供養をこちらで行ったとき始めて、霊界で見た映像と一致する。それほど、先祖の浄霊が大切なのだとここでしっかり学んで頂きたい。