希望

『 仕事上で立て続けにトラブルに見舞われ、連日帰宅が遅くなり、週末になるたび燃え尽きてしまっていました。正直、一種のスランプに陥っていました。 それでも幸いトラブルが大事に至ることもなく、浄霊(先祖供養)を終えた後には収束し始めた案件も出てきました。 そんな中で、ここ一週間の間、残業を終えて疲れ切って構内を歩いていたとき、あることが脳裏をよぎりました。 まだ成仏出来ていないご先祖様にとって、自分は一筋の希望ではないだろうか。 心の中にひらめいたとき、体の中に自然とエネルギーが湧き上がってきました。 』



星椎水精先生のコメント

その通り、末裔は先祖にとって唯一の「希望」である。しかも、一条の光となって脚光を浴びている。その周囲に群がって先祖たちがいる。さらに、関係ないもの達まで集まって、その動向を注視しているのである。いわば、先祖たちのヒーローでもある。