市川海老蔵についての騒動

『 歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が9日、東京都内のホテルで会見し、妻でフリーアナウンサーの小林麻央(33)が乳がんを患っていることを明らかにした。
 この日、一部スポーツ紙で麻央が進行性がんと報じられたことを受け「できる限り子供たちの生活を日常化するために」会見を開いた。
 夫婦で人間ドックを受診し、1年8カ月前に発覚した。海老蔵は「進行具合はかなりスピードの速いもので、なかなか大変なものではないか」と医師に告げられたことを明かした。
 現状は「比較的、深刻」とし、抗がん剤治療中。「抗がん剤は人によって効いたり、効かなかったりする。それを探りながらやっている中で、良かったり良くなかったりを繰り返しながら、手術をする方向に向かって治療している」と説明した。ずっと入院をしていたが、つい最近、通院が可能になったという。
 進行具合(ステージ)については「全部聞いているが、深刻という言葉でご理解いただきたい。(入院中に)手術に至らなかったので、抗がん剤治療をしている」と明かした。
 海老蔵は今年5月2日のブログで、麻央の体調不良を明かしていた。長男の勸玄くん(3)とともに出演した同日放送のフジテレビ「SMAP×SMAP」(月曜後10・00)の放送終了後に「今、マオと話してまして、本当うれしいねと。麗禾も勸玄も元気でうれしいねと。実は今、マオが少し体調悪いんです。私にとって、勸玄も麗禾も大切ですが、一番まおが大切です。例えるならSMAPさんのライオンハートです。今後とも温かく見守ってください」とつづっていた。
 麻央は上智大在学中に日本テレビ「恋のから騒ぎ」に出演。2003年にはフジテレビ「めざましどようび」お天気キャスター、06年から日本テレビ「NEWS ZERO」のキャスターを担当。10年3月に海老蔵と結婚。翌11年7月に長女・麗禾(れいか)ちゃん、13年3月に長男・勸玄(かんげん)くんを出産した。(「ウェブニュース」より) 』

星椎水精先生のコメント

この原因は、亡くなった歌舞伎俳優の憑依以外の何物でもない。先祖の憑依は、末裔の息子には憑依をせず、比較的霊感のある嫁を標的としたようだ。これは、親族を浄霊すれば一気に治る可能性がある。
しかし、歌舞伎俳優や映画俳優は、いまだに古い仏教とつながりがあり、いざという時にそのような意味もない信仰心に走って、見えざる助けを求めようとする。
それをすると、助かるものも助からなくなるであろう。私に頼めば、回復も早いだろう、と思うのだが・・・。

このページの先頭へ