左側にできた大腸がん患者

『 大腸の左側にがんができた患者の方が、右側にできた患者よりも生存期間が長いとの研究結果が、日米で出ている。
特に米国のデータは、左右差を調べたこれまでの研究の中でも最大規模となる計約1000人を対象にしており、左右で抗がん剤の効き方が異なる可能性も示された。今後、がんの位置による治療法の選択や開発に役立つ可能性がある。
 米カリフォルニア大などの研究チームは、手術できない大腸がんの患者を対象にした抗がん剤の臨床試験のデータを使い、右側にがんができた患者293人と、左側にがんができた患者732人を比較。その結果、平均的な生存期間は左側が33.3カ月、右側は19.4カ月で、左側が長かった。
 国内では、昭和大横浜市北部病院の砂川優講師(腫瘍内科)らが大腸がん患者110人を解析した結果、左側の患者の生存期間は36.2カ月で、右側の患者(12.6カ月)よりも約2年長かった。
 砂川講師によると、大腸の左側と右側は器官が作られる過程が異なるほか、発がんにかかわる遺伝子にも違いがあり、悪性度が高いがん関連遺伝子は右側に多いという。【下桐実雅子】(「毎日新聞 」より) 』

星椎水精先生のコメント

左右どちらの側のガンでも、物理的な作用と先祖の憑依的な影響が共に存在する。一般的には、左側に先祖の憑依が起こりやすく、初期の場合に浄霊をすることによって消滅することも有り、軽減されることも多い。かなりの進行では、手遅れと言うこともある。
浄霊は、いかに早く気づくかが勝負でもある。先祖のことを蔑ろにした罪は、ガンとなって表面化するのは事実で、それは、実際は左も右も関係がない、と言える。仏教や他の宗教での先祖供養は、末裔たちの自己満足に過ぎず、本物を見極める感性がないと思って良いだろう。

このページの先頭へ