岩国

2日の日は、山口県の錦帯橋に行った。江戸時代初期に建てられたアーチ形の巨大な橋は、当時の岩国城吉川(きっかわ)家にとって大きなイベントであったろう。そんな美しい橋を見ながら錦帯橋のそばにある古いホテルに宿泊した。
ホテルでは、正月を祝う祝典が夕食後に始まった。面白かったのは、白蛇伝説のある岩国の神楽が行われた。鬼を退治する白蛇とそれを命ずる弁財天が上手く演じられていた。伝統芸能なので、素人が演じても脈々と過去の時代が伝わってきた。フランス人のグループが我々の前に座っていた。彼らも昔は日本に住んでいた者たちだった。
日本を守る天使たちとその仲間が深く交流が出来て大変良い日になった。

このページの先頭へ