少年

今、ニュースになっている神奈川県川崎市の少年が地元の少年グループから殺害された事件を取り上げてみたい。
何故この少年が殺されたかというと、そこには深い因縁があったようだ。
現在、生まれ変わっている者たちは、江戸から明治時代初期のものたちが多い。要は、その時代での因縁を片付けられなかったことで、再び解決するために生まれてきたようだ。
少年は当時、新選組だった。そのグループも新選組だったが、ある日、少年は新選組を脱藩した。そして、行方知らずになってしまった。殺害を行った18歳の少年は、鳥羽伏見の戦いで亡くなるまで、少年のことを思い続け、「生まれ変わって殺害する」ことを霊界に願い出ていた。そして、願いが叶い、同じ状況を作った。少年がグループから逃げ出す瞬間に殺害に及んだのである。
因縁とは、根深い。だが、こういう少年を生んだ家庭にも問題がある。家が静かで穏やかであったのなら、つまり供養をしっかりとしていた家庭ならば、殺害されるような少年を受け入れることはなかったが、受け入れなければならない家庭だったのだろう。
みんなも、この事件をきっかけに供養の大切さがいかに重要であるかを分かってもらえると有難い。

このページの先頭へ