尊厳死

20代アメリカの女性が尊厳死という名目で予告通り亡くなった。死に怯える恐怖を避けた形になって、話題を呼んでいる。しかし、自殺と何ら変わりはない。自殺は亡くなった後、非常に重い状態となり、現実以上の苦しみを数百年以上味わうことになる。
これを機に尊厳死と銘打って、自殺を選ぶ人も多くなるかもしれない。
そうなると、世の中はますます暗くなり、悲惨な結果を招きかねない。この重みは、雨風を伴い天変地異を早めてしまう。そうして、地球全体の景色を変えてしまう可能性が出てきた。一日も早く、人間が「霊には深い意味がある」と気が付けば良いのだが・・・。

このページの先頭へ