家の状況

『 星椎水精先生、スタッフの皆様。いつもありがとうございます。

先日ですが、連休中に約2年ぶりに実家に帰省して参りました。そのとき、家がとても片付いていたことに、驚きました。

2年前に帰った時は、まだまだ名前のある浄霊前のご先祖様達がたくさんいましたが、今回帰省した時は、名前のある方たちは全て星椎先生に浄霊していただいた後でした。

2年前は、まだ両親が定年を迎えて間もない頃でしたが、定年前と違い、今は親も時間を持て余しているのか、家の中をよく片付けたり掃除したりしているのがわかりました。そこで頭に浮かんだのが、星椎先生の著書の「人は目に見えるゴミの処理は行うが、目に見えない霊の対処は怠ってきた‥」というお言葉でした。2年前は家同様に、まだまだ先祖霊も成仏できずに荒れていたのでしょうが、現在は供養も進んで大分片付いてきたというか、落ち着いて来ているというのが、今の家の現状とリンクし、目に見える形で理解できました。

さらに、実家は戦後に建てられた、古く無駄にでかい家ですが、今回帰省して感じたのは、家の中はとても静かで、ガッチリしていたということです。星椎先生に浄霊していただいた先祖さん方が、みんな家を守っていてくれている感じを受けました。

私はなかなか実家に帰ることは出来ませんが、私の代わりに成仏した先祖さん達が、家や両親を守っていてくれているんだと思うと、とても嬉しく思いました。

本当の供養に当たる、星椎水精先生の浄霊に辿り着かなければどうなっていたかと考えると、ゾッとします。本当にありがとうございました!

まだまだ浄霊していただいていない先祖さんが多くいらっしゃいますが、必ず皆さん浄霊していただけるよう、頑張ります。

これからも、よろしくお願いいたします。 』

 

一般の宗教家たちが、成仏されました、と信者たちに述べているが、あれは殆どが宗教家たちの自己満足でしかない。本当の先祖たちの成仏は、「家の中はとても静かで、ガッチリしていた」という雰囲気となる。勿論、そこにはある程度の霊感が必要だが、霊感がなくても、実家に帰りたくなるし、帰ると非常に落ち着いた雰囲気を味わうことが多い。

ただ、家や家族が荒れないために供養を行うのではなく、供養をこちらで申し込んだら、結果的に良い状態となった、ということであって欲しいのである、この家族のように。

このページの先頭へ