宗教

『 星椎先生、本日は車の御守りのパワー入れを有難うございました。
これでまた安心して運転できますが、自分でも気を付けるようにします。
コラム「宗教について」読ませていただきました。
まさにその方の体験談、といった感じで参考になった人も多いのではないでしょうか。
一生懸命にお経を唱えていても病気になっていく。
その行いが何の効果も無かったという証明ですね。
宗教を熱心にやっている人や、神社やお寺の人たちにも読んで欲しい内容だと思いました。 』

星椎水精先生のコメント

現在は、宗教といっても名ばかりで、心根の弱い人にとっては頼みの綱なのだが、気が付いてみれば、単なる「拝み屋さん」の餌食でしかない。
一言で先祖供養と他の宗教は言っているが、どの家も同じように先祖たちは大切には扱われていないようだ。せめて、そのような先祖たちを浄霊なりとしてあげなければ、いざ自分にその立場が回ってきた時、同様な扱いを受けることになる。
先祖を大切にするということは、毎日、朝昼晩、彼らのためにお祈りをするのではなく、浄霊し、一刻も早く霊界へ送り届けてあげることにある。

このページの先頭へ