安倍首相

安倍首相の顔の相は、以前話した通り、ヒットラーに似ており、国粋主義者でお金の苦労を知らないお坊ちゃまタイプである。 今回の人質事件で、大きなミスをしてしまった。お金を出しても、或いは二人の日本人が殺害されても大きな批判の的になる。ドイツのように国の借金をしないように地味な努力をすべきなのに、国民の税金を外国のため、それも世界の紛争の中心に湯水のように使うと、このようなしっぺ返しがやってくる。常に湯船に浮いた葉っぱのような口調は、国民を欺くと誰も見向きをしなくなることが理解されてはいない。 彼の父親や親族は、誰も成仏されてはいない。このために晩年は、病気が一気に襲って来る気配だ。今回の誤った方向性も、成仏されていない親族の影響が大きいと言える。彼は、新興宗教の庇護の下にあるようだが、全く力のない団体のようだ。仮にその団体が力を持って入れば、このような事件は起こらなかったであろう。 彼は、自分のカリスマに酔っているだけで国民は彼の本質を一度目の首相の時に理解している。その時の失敗時に彼は逃げるように入院をした。今回も急に病気になって、首相を辞めると言い出さないように願っている。