安倍昭恵夫人

この女性は、不可解で曲者である。単に頭が悪いと思いがちだが、実は非常に賢いと思った方が正しい。安倍晋三とは、過去世での因縁が非常に強かった。 江戸時代に遡る。当初、安倍昭恵は、女忍者のまとめ役だった。江戸を覆すために、家老となっていた安倍晋三の側近にいたが、忍びでもあった安倍昭恵は、将軍のお側用人でもあった。つまり、二重スパイだった。当時は美人で、安倍晋三も油断していた。もう一人側近にいたのが、現在の稲田という女性だった。 最終的には、家老を失脚することになった安倍晋三だが、二人の因縁は残されたまま、今世まで持ち越し、安倍晋三は首相の地位までこぎつけた。だが、そこには過去での因縁の安倍昭恵がいる。今回は、安倍晋三を転覆させるために、結婚を選んだ。しかし、この二人には愛情などないために子孫は出来なくなっている。 安倍晋三が「家庭内野党」というのは真実で、実際には家庭を成してなどいない。形式的なものに過ぎない。むしろ、稲田の方に気持ちは向いている。 様々な手段を用いて、安倍昭恵は動いている。それは、一見、無能な女性に見えるが、非常に緻密に計画している。正義心の強さは、安倍晋三の比ではない。勿論、安倍晋三の背後には、成仏していない父親が、悲しい顔して動いているが、微弱であり、安倍晋三の病気を促進させているのは間違いない。 今後は、欲で延長させた総理大臣の任期を全うさせることは出来なくなってゆくだろう。仮に、延期すれば、さらに深刻な状況を自ら招き、持病は悪化の一途を辿ることになる。安倍昭恵との因縁の決着は、遠からず先が見え始めたように思える。

このページの先頭へ