守護霊

守護霊を売り物にした宗教団体があるが、人類の殆どに守護霊が存在するように話を面白くしているだけで、実際にはあり得ない。
本当に守護霊がいるのであれば、自殺や殺人、詐欺の類は、そう頻繁に起こるはずもない。はっきり言って、それを言うこと自体が詐欺集団で、私ならその代表の目の前でその嘘を暴くことが出来る。
すでに亡くなっている宗教団体の代表は、未だに地上をさ迷っている。亡くなる前は、頭をやられていたが、この宗教ビジネスの代表も頭をやられ、悲惨な最期を迎えることになりそうだ。完全に次の転生は認められないようである。
日本人の超感覚的な発想は、時として正しい方向性はあるが、オウム真理教のような危険集団が待ち構えてもいるので、気を付けた方が良いし、ある程度の科学的な理解を示す人物がその中に存在しないと、おかしな方向へ行くのだと理解した方が良い。
守護霊を簡単に口にするのは、まず偽物だと判断してもらいたい。

このページの先頭へ