存在が無

『 先日は、T様の浄霊を執り行なって下さいまして、誠に有難うございました。 心より御礼申し上げます。 浄霊時の体験を報告させていただきます。 11時瞑想を始めるとすぐに、上半身がゆっくりと揺れました。浄霊を申し込むことが出来ることの感謝とT様の無事の成仏を祈りました。5分程ゆっくりとした揺れが続き、何秒間か酷い吐き気を感じました。心は無の状態でしたが、涙が出ました。 浄霊前は、T様について気になりましたが、浄霊後は何も気にならなくなりました。 存在が無となったようで少し寂しく思いました。これこそが本当の浄霊なのだと改めて実感しました。 今後もご供養を続けられるように努力いたします。 浄霊の儀、誠に有難うございました。 』


星椎水精先生のコメント

芸能界では、霊能者がもてはやされているが、彼らは芸能人を蝕む毒蟻のような存在である。金銭豊富な芸能人を不安に陥れ、その不安に乗じて金銭の甘い蜜に群がっている。仮に芸能人にお金がなければ、芸能人に近寄ることはない。 本当の不安の原因は、先祖にあり、先祖のことを解決すれば、様々な不安は払拭される。 そして、上記のように「存在が無」となれば、あとは本人の努力だけにかかってくる。 その不安の根本が何なのかを見極める必要がある。