嬉しい夢

『 大変お世話になっております。先日、妹の浄霊していただいた後、とても嬉しい夢を見ましたので報告します。短い夢でしたが、妹の喜ぶ姿と笑顔を見ました。

夢の中でダイニングに私と父親が座っていました。キッチンでは母親が何か料理の仕度をしていました。

母親のうしろ姿を何気なく見ていたときに、左側から、とてもきれいな水色のスエット姿で妹が現れました。妹は、右手には鮮やかな赤色の伊勢海老を持ち 、嬉しさいっぱいの踊りをしながら、母親に料理をしてほしいと言っていました。母親はわかったと頷き伊勢海老を受け取っていました。

それから場面は食卓にかわり、テーブルにはご馳走が用意されていました。ふとテーブル手前を見ると、妹の顔がニコニコしながら(本当にうれしさいっぱいの笑顔が)ありました。

私は妹にひと言 言いたいと思っていましたが、とっても嬉しそうな笑顔を見たとき、おもわず妹の頬に、自分のおでこをピタッとつけていました。妹の頬はとても温かく感じ、妹の可愛い声が聞こえ「ごめんよ~!」と聞こえました。妹の明るい声ととっても温かい顔を感じているところで目が覚めました。

本当に感無量でした。

ほとんど夢の記憶がない私ですが、今回の夢は鮮やかでとても温かい夢でした。夢の話を両親に伝えたところ、2人とも喜んでおりました。特に母親は喜んでおり心がパッと明るくなったといっておりました。

今回の夢は私の心の中で一生忘れられない夢になります。とても嬉しい夢でしたので、お伝えしたくメールしました。星椎先生、宇宙クラブの皆さんに心から感謝を致します。

本当にありがとうございました。  』

 

このような夢と現実の違いは、肉体を携えているか否かの差だけである。このような鮮やかな映像で、しかも記憶に残ったのは、霊の方が、しっかりお礼をするために行なった行為である。

このページの先頭へ