ある女性

ゴルフコンペで、韓国人の男女と一緒にプレーをした。年配だったがその女性は、非常に横柄だった。こちらがいろいろと手伝ってあげたり、注意をしてみても、彼女は「ありがとう」の一言も言わなかった。食事中は、携帯電話で大声を張り上げ韓国語で話していた。 周囲にも気を使わないのは、彼らの主張でもあるようだ。日本人のように礼節はなかった。ところが、コンペが終盤に差し掛かった時、彼女の頭上近くをゴルフボールが飛んできた。私は後方に注意を喚起した。すぐに、ボールを打ち込んだ年配の男性がやってきて、彼女に謝っていたが、彼女は「頭に当たったよ」と真顔で冗談を言った。男性は真剣になって、「どこに当たったんですか」といったが、私が「当たってはいませんよ」と言ってあげても彼女は知らん顔をしていた。年配の男性は、驚いて、そして間もなくホットしていた。 このように日本と韓国の接し方の違いを理解させられた。同時に、浮遊する霊たちは、その女性を嫌っていたので、いたずらをしたらしい。昔、その女性からいじめられた復讐とも言っていた。そんなこともあるのだと考えさせられた、ゴルフ場でのひと時だった。