大杉漣

『 2月21日、俳優・大杉漣が急性心不全で亡くなり、芸能界のみならず日本中に衝撃を与えた。66歳。あまりに早すぎる。大杉さんといえば、07年に事務所を独立した頃、心労からの激ヤセか、顔が一回り小さく見え、体調を心配する声もあった。とはいえ、その後は徐々に回復し、近年は持病の類いも聞かなかった。前兆が何もなかった突然死ということで、「自ら命を絶ったのでは?」と取材に動いたメディアも出るほど大騒ぎでした。(スポーツ紙芸能デスク) 』

  

星椎水精先生のコメント

俳優が亡くなると、ニュースになり話題になるが、どの家庭もほぼ同じ条件で問題は起きている。ただ、俳優などは病気を取り沙汰にすると、すぐに仕事が無くなるので、歯を食いしばって我慢しながら生活している。友人や仕事仲間にも殆ど隠している。中には、奥さんにも内緒の場合もある。それだけ、ギリギリで生きているということに成る。
芸能人は、殆ど何らかの宗教には入っているので、本人は健康でなければおかしい、ということにもなる。だから、我慢に我慢していた体は、ある日突然、反乱を起こしてしまう。
本当は、こちらでの先祖の浄霊を行っていれば、90歳くらいまでは生きていたであろう。