夢

『 私のご先祖様をご供養していただき、誠にありがとうございます。 前日は、ハッキリとした夢を見ました。 高校生か、大学生位の男の子が、いきいきと、サッカーをしてる夢です。顔がハッキリ見えました。が、誰か見当がつきません。よく考えてみたら、今回ご供養していただいたご先祖様かな?と思いました。16歳で亡くなられたので、今どきの子みたいに、サッカーしたかったのかな?と思いました。いい顔をしてました。 当日の朝は、とても良い天気でした。 本当にいつもありがとうございます。 これからもご先祖様のことをよく考えてご供養していきたいと思います。 』



星椎水精先生のコメント

夢は、先祖霊やさまざまの霊、異次元の者たちとの唯一の交流の場でもある。このはっきりとした夢に出てきた少年は、今度生まれ変わった時には、こんな格好でサッカーをするよ、というメッセージでもある。それが実現できるかどうかは別として、本人からの感謝の気持ちを伝えてきたようだ。