外食産業

外食産業は、比較的安くて便利ということで誰もが利用する。しかし、気を付けることは、中国産の食品である。中国人は、相手のことを考える能力に欠けている。ご存知のように、揚子江や黄河の汚染は甚だしく、豚や人間の死骸を放置するに至り、工場からの廃液でさらに汚染はひどい状態である。そこの水を引いて野菜やコメを育成しており、その消毒には農薬散布で基準の限度を超えて撒いている。この食品を外食産業は、大量に輸入している。その安い価格を維持するためには、安全管理に目をつぶっているようだ。

特に、たまねぎ、あさり、ほうれんそう、しょうが、ねぎ、穴子、にんにくなどは、どこの外食産業も多量に使用している。安いからという理由では、将来の自分の体に災難が起きた時、高いものになってしまう。

基本となる肉体に損傷がでれば、いくら先祖が支えても支えきれないものになってしまうので、食の安全に気を付けながら、外食産業の食べ物にも注意する必要があるようだ。

このページの先頭へ