墓終い

テレビでも最近は放映される「墓終い」が、問題になっている。先祖の墓を訪れる人もいないため、墓の持ち主に連絡すると、その人がすでに亡くなっており、その家族も離散したりと、様々な理由で墓だけが取り残されてしまっている。
その処分を墓石業者が、勝手に捨てたり、中には古い墓石の表面だけを削って新しい持ち主に作り替えたりする。或いは寺に預け墓石置き場となってしまう。
その際、墓の魂抜きを寺の僧侶がするのであるが、霊感の全く備わっていない僧侶は、お経を唱えるだけで、魂抜きなど出来てはいない。従って、墓石置き場が、この先、霊ゾーン化する恐れがある。そして、このような「墓終い」するような末裔は、決して将来明るくはないであろうし、幸せなど来る筈もない。

このページの先頭へ