土地の浄化

土地の浄化は、新しく家を建てる場合の他、池を埋め立てた場合、元々あったマンションなどを浄化したり、お墓なども土地の浄化と考えた方が良いでしょう。
自殺や他殺 ・いわくつきの物件 ・戦場跡の土地なども浄化の対象としては有益であると判断します。
そして、火事などで死傷者が出た事故物件や霊ゾーンなどのいわくつきの物件も浄化の対象として重要だと考えます。
こちらでの浄化により、暗い影を落としていた不浄なものが取り除かれるので、儀式後には土地や部屋が清々しく、安心して落ち着ける場所になったと感じる人が多いのです。
塩を撒く、あるいは霊能者や神社等のお祓いでは効果は殆どないと考えて頂きたいのです。なぜなら、星椎先生自身、神道での修行をしていたので、普通の人が祝詞を唱えていたのをその目で見て、確信しています。
土地や建物の霊現象や風評被害でお困りの方は、この際にぜひ一度ご相談をされてはいかがでしょうか。