土地の浄化

『 この度は、実家の土地の浄化の儀誠に有難うございました。

 土地の土台が厚くコンクリートに覆われているため、水晶を埋めるのに苦労しましたが、

無事に先生に執り行っていただき、只々ほっとしています。

 この実家は、先生が仰るように問題が大きいと思うのですが、先生のご供養に辿り着けたので今なら理解できますが、とにかく今考えても霊障の嵐で、理解しがたい事が次から次へと終わることなく起こっていました。(事件・大事故・火事・訴訟・自殺・突然死・・・)

それによって2人の尊い犠牲(兄・弟)も出してしまい、まだまだ先の長いご供養の途中に、この実家に戻って来ることは、正直不安だったので、今回、先生に土地のお浄めをしていただけて、家族が安心して暮らせるようになる事に、本当に感謝しています。

深く御礼申し上げます。

 とても不思議です。今日母が発見したのですが、30年位に一度咲くか咲かないかと言われる観音竹の花が初めて咲き始めました。先生の土地の浄化と関係がある気がします。

写真も撮ってみんなで喜び合いました。 』

 

ここの家系は、名のある人物がかかわっているので、災難や事故が起こるのは当然なのだが、じっと我慢しながら先祖の供養を少しずつ行ってきた。そのことにより少し変化の兆しが見え始めたようだ。途中諦める人が多い中、彼女の辛抱しながらの供養も大変だったと思うが、将来の光が見え始めたのは、大きな収穫である。

 

このページの先頭へ