因縁

『 今回は、M家のスーパー浄霊に際しまして、感じたことを書いてみたいと思います。
浄霊日は仕事だったのですが、浄霊時間の11時が過ぎた頃、突然涙がとめどなく流れてきてしまい、マスクの中がびっしょりになってしまうほどでした。
今まで浄霊の時間は特に何も感じたことがなかったので、ご先祖様のお気持ちを共有できたことに、とても感謝いたしました。
本来ならば、1年前にM家のご供養をしなければならなかったのですが、先伸ばしにしてしまったことで、大切な飼い猫(16歳)をつらい病気で亡くしてしまいました。
M家は義妹の嫁ぎ先で、義妹の旦那さんが自殺で亡くなったあと、義妹が相手方の家族に対して数々の理不尽な対応をしてきたので、私の嫁ぎ先は怨まれているのではないかとずっと不安に思っておりました。
そして2年程前、我が家の飼い猫の様子が突然おかしくなりました。
その異変は尋常ではなく、悪霊でも見たかのような脅えようでした。
その時は星椎先生に方位除けをしていただいて落ちつきましたが、その後もなんとなくM家から怨霊のようなものを感じていましたので、星椎先生にご相談をして、M家のスーパー浄霊をお願いするに至りました。
しかし、すぐに浄霊に取り掛かれなかったために、愛猫が急性腎不全になってしまい、治療費や介護でますますM家のご供養が先伸ばしになってしまいました。
そして、今年の1月に愛猫が亡くなってしまい、ふと気がついたら息子が事故物件(マンション)を買ってしまうというところまで状況が悪くなっていました。
そして、息子の件で星椎先生にご相談したところ、とても厳しい回答をいただきました。
それと同時に「M家のご供養を受けてもらえなくなってしまった」と思った瞬間、とてつもない絶望感が襲ってきて、体の左下の方にブラックホールのような黒い丸い穴が現れて、その穴に吸い込まれていくような感覚に襲われました。
その時「ああ、これが消滅する魂の感覚なのだろうか」と、恐怖に包まれ、M家のご先祖様の落胆の気持ちなのか、その日からご飯が喉を通らず、眠れない、落ち着かない、生きた心地がしないという日々が続きました。
その後、星椎先生と姫路様のご厚意により、M家のスーパー浄霊を受けてくださるとのお言葉をいただくことができた時、不思議なことにその日の夜からご飯が喉を通るようになり、眠れるようになったのです。
その時は本当に命が救われた思いがしました。そして、霊を侮ることの怖さを身をもって体験いたしました。
愛猫がいなかったら、とっくに私か主人が病気になっていたと思います。つらい思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思いました。
星椎先生と姫路様のお話によりますと、私が嫁いできたA家とM家はとても因縁が深く、義妹だけではなく私も主人も飼い猫もA家一家が過去世で何らかの関わりがあったであろうということでした。
そして、M家との因縁の解消こそが私のカルマであることがわかりました。
とても大きなカルマで乗り越えられるか不安ですが、乗り越えないと来世はもっと過酷な環境に置かれるとのことなので、これまで以上に先祖供養を頑張らなければなりません。
また、今回のご供養で、私の悪い部分(性格やご供養の進め方等)もわかり、修正していかなければなりません。
とても難しいことですが、今世で星椎先生の浄霊に出会えたことに感謝をし、日々カルマの解消を目指して努力をしていきたいと思います。これからも様々な試練があるかと思いますが、厳しいご指導をどうかよろしくお願い致します。 』

  

星椎水精先生のコメント

こちらに浄霊を申し込む人は、本当に必死となって訴えてくる。意外にお金を持っている人の申し込みは少ない。お金を持っている人は、現在が不自由なく過ごせているだけで、一旦病気すると助ける人が少ないのが現実である。
先祖の苦しみが分かるのは、いよいよの段階である。金持ちは、徳を使い切ってしまうので、次の転生はないか、動物以下である。
お笑い芸人や政治家の顔を見ると、ほぼ動物のような顔となっている。彼らの転生は、後半にいくら良いことを行っても、ブラックホール行きか動物になるのは間違いない。
この地球には「修行」をしにやってきている。そのことを意識を持ってやっていないと、ひとつの躓(つまづ)きから、大きな精神的肉体的な障害を築いてしまう。
上記の人も前世では、大きな問題を抱えてきたようだ。それを乗り越えるには、先祖の供養と大きなカルマを解決し、乗り越えなければならない。逃げれば、宿題は解決しない。