因果応報

因果応報とは、前世での争いごとを帳消しにする場でもあります。悪いことばかりではなく、良いことも同時に行われるのです。
例えば、江戸時代に敵同士だった2人が、転生して巡り合った時、再び仕事での仲間割れで揉め事を起こす場合だとか。本来のテーマは、仲直りが理想なのですが、その時代に出来なかった場合は、次の時代に再び巡り合わなければならなくなるのです。
逆に、苦労して夫婦になった時、死ぬ前に「もう一度会おうね」といった場合は、再び夫婦になり、幸せをつかむケースもあるのです。ただし、その障害として生活や外部からの圧力で多大な苦労を強いられることも考えられます。
この地球を含めた宇宙では、プラスとマイナスを加算して、ゼロとなるように大半が仕組まれているのです。そのことが、因果応報の根底となっています。
ここでの浄霊は、この因果応報に対しても、軽減される要素となるのです。なぜなら、先祖の救済である浄霊が、いかに魂にとって重要なことかが、霊界では記されているからです。ただし、心ある姿勢での浄霊でなければ、因果応報は消えることは、まずないと考えて欲しいのです。