因果応報

因果応報

 何度も転生する人は、それなりに垢を付けて生まれ変わる。そして、何度も転生すると、役目を持った人ではない限り、憎まれたり傷つけたりの罪を背負うことになる。実は、地球で何度も転生すると、魂のレベルが低くなる。そういう人は、魂についてのことを次第に考えずに、自分のことしか考えなくなる。そして、現実のお金だけを愛すようになる。こちらへの問い合わせは、非常に多いのだが、現実に浄霊をするのかと言えば、しない人が多いようだ。それは、浄霊をしないのではなく、出来ないように上からの指示があるようだ。現実的には、何らかの用件などによって出来なくなるのは、上からの動きが確実にあり、選択をされている。実は、浄霊に関しては、ここが確実で一番安全であるが、低い意識の人は、回り道を余儀なくされている。
 浄霊をすると、転生で生じた因果応報の軽減が行われ、魂が次の段階へと向かうのである。しかし、問い合わせを申し出た人が、ひとたび家族のものと相談すると出来なくなるようだ。これは、その人のカルマがあまりにも大きい場合、こちらでの浄霊が出来ないシステムになっている。ここで宗教を行っていると勘違いしているものが多く、そのことのために大きく回り道に入る。やがて、何度も転生をしながら、確実に落ちてゆくシーンが目に映る。ここで最後まで、浄霊する人の顔を見たとき、家族がとても平和になり、次の転生は大金持ちで幸せな未来が見え、次は地球より上のランクに達するようだ。私の行う供養は、その辺の霊能者が行う供養とは、明らかにランクが違うことを、心の汚れた人は理解できないだろう。
 私もその程度の人たちを助ける意図は無い。地球が危機に晒された時、そのようなランクのものを助けてはいけないとの指示がある。私も浄霊の申し込みを皆受けているのではない。断ることも実は多い。それらの人が、大きなカルマを抱えて、因果応報の渦に巻き込まれるのをじっと見ている。今、お金があったり、一時的な裕福を味わっているのは、どのようにするのかを試されている。いわば、試金石であり、ノアの箱舟に乗れるのか、ということになる。そのような事態が生じた時、大勢の人が最後に私に助けを求めることになろう。しかし、因果応報の摂理によって大部分の人が助からない結果に終わる。

このページの先頭へ