同僚の死

『 会社の同僚が亡くなってから約1年。同僚と言っても彼は50歳過ぎの大先輩。昨年3月に小さな胃癌が見付かり、早目に取ってしまおうということで4月初旬に腫瘍摘出手術を行った。術後回復も順調で、手術から5日目には私も見舞いに行き面会をしてきた。

面会は手術後3日目から許可されていて、会社の後輩の中では3日目に見舞いに行った人間もいた。

今だから言えるのかもしれないが、3日目に面会に行った人間の報告と、5日目に私が面会に行った時の印象との違和感は、気のせいではなかった。5日目に私が見舞いに行くと、なんだか聞いていた報告よりも元気がない…。術後8日目深夜、巡回中の看護婦が同僚がベッドから落ちているのを発見。

この時点で心肺停止を確認。午前2時過ぎ、家族により心臓マッサージの終了希望があり、還らぬ人となった。ちなみに、死因は医療ミスによる心臓麻痺。これは病院側が正式に認め、遺族に謝罪した。

故人からは生前に沢山可愛がってもらい、私は独身だが、当時の私の彼女と故人の家族との間には、同僚としての付き合いにはとどまらない良い意味で親密な付き合いがあった。そのせいなのか、去年の11月頃、布団がベッドから落ちたのに気付いた私は目を覚ました。半ば目を閉じながら上半身だけ起き上がり、落ちた布団を引っ張り上げ、そのままの勢いで再びベッドに寝転んだ。この時、少しだけ開いた瞼の隙間から、何かの存在が映った。同僚が立っていた。ちょうど私の腰の横あたりに立ち尽くしている。

私は悲鳴をあげた。この時の悲鳴は「ぅぁあああっ!!なんだ〇〇さんか!」だったことは鮮明に覚えている。

しかし、親しい人ではあったが、恐いものはやはり恐い。恐さのため目を開けることが出来ず、私は必死にお経を唱えたり、私の親族の仏様の名前を出して、「助けて下さい助けて下さい」と念じたり、あれやこれやと繰り返した。

暫くして薄目を開けてみた。おい、まだ普通にいるよ。ディテールとしては、私のことを見下ろしている。姿勢はかなり前傾になっていて、大袈裟に言うならスキーのジャンプ競技のような感じだった。

色は白黒ではなくカラーだったが、暗闇の為に非常に淡い。また、透明とまでは言わないが、透過もしていた。着ている服は白いポロシャツとベージュのスラックス。亡くなった時の着衣ではなかった。そして表情、これは不明。

そこまで細かい解像度ではないことと、恐くて顔を凝視することが出来なかったこと、この2つの理由により表情は分からなかった。何回かチラ見したけど、灰色系でパーツ単位までは見えなかった。少し落ち着いてきた私は、自分は何も悪いことをしていないこと、何か伝えたいことがあるから出て来たのではないか、等を考え始め、勇気を振り絞り目を全開に開けてみた。

当然の様にまだ立ってる。私は『何か言いたいことがあるなら聞くよ?奥さんに伝えるよ?どうしたの?』と繰り返し念じてみた。

しかし一向にメッセージらしいものは発せられない。数分が過ぎた頃…突然足元からスーッと消えた。私は慌てて部屋の電気を点けた。誰もいない。しかし空気中に白い煙みたいなものが充満している。そしてこの煙も1分程で消えた。一体何を伝えたかったのか、私には全くわからない。ただ、その時の場の雰囲気、そのものの持つ雰囲気、そのものが発する雰囲気、これらが、非常に暗く、救いがなく、無念で仕方がなく、哀しみしかない、ことを表していることだけは何故か理解できた。

だからこそ、私は初めのうちは恐かったんだと思う。

この話はまだ遺族には伝えていない。遺族に会う機会がないからなのだが、会った際に言うかどうか、迷うところだ。故人の使用していた会社PCに保存されていた思い出の動画等、会社側に消去される前に私がデータ保存してCDに焼いてあるが、これをまだ遺族に渡せてないからなのかな?それにしては恐いオーラ出し過ぎだよ〇〇さんったら。近いうちに渡すよ。 』

 

その同僚は、彼の保存しているCDを家族に渡して欲しいと願っており、そのために訴えに現れたようだ。家族に渡すまで、何度も彼の家を訪れるだろう。(星椎)

このページの先頭へ