吉田 沙保里 

レスリングの吉田沙保里は、オリンピックで金メダルを取れなかった。試合前の彼女の顔にはパワーが半減しており、アメリカの選手の方がパワーがあった。それで、彼女の敗戦のシーンが目に浮かんだ。彼女は「父親が天国から応援をしてくれる」とか「父親が体の中に入っている」とか言っていたようだが、本人は父親が亡くなってから喘息で苦しんでいた。
はっきり言って、父親の霊障以外の何ものでもない。彼女の父親は、天国どころか、彼女の体に溶け込み、彼女と共にレスリングを行っていた。
父親が浄霊出来ていれば、かなりの力を発揮するが、浄霊出来ていなければ、力は半減する。父親が彼女のパワーを奪い取るようになるので、どうしても彼女は実力を発揮できなくなる。仮に、彼女がこちらに父親や先祖の浄霊(先祖供養)を申し込むことがあれば、今後の大きな大会でも優勝できる可能性は「大」であると言えるのだが、彼女の周囲にそのようなことを助言できる人はいないようなので、彼女の今後は、父親の憑依によって喘息も悪化し、他の病も生じるかもしれない。

このページの先頭へ