台風19号

  『 浄霊のお手紙を無事受け取ることが出来ました。
三連休に中部から東日本と東北を直撃し、甚大な被害をもたらした台風19号ですが、当地(岡山)は中心から離れているにも関わらず強風が吹き荒れましたが、ご先祖様により護って頂けたように感じられます。
お盆にお彼岸、そしてこの三連休と、正に時期を狙って直撃したかのような台風の動きには、成仏出来ていない大勢のご先祖様からの訴えや怒りが背景にあるように思えます。 』

  

星椎水精先生のコメント

ある意味で、災害には霊達の仕業ともとれる場合がある。よくミステリー映画などは、不吉なシーンに必ず、雷や急なにわか雨を使用する。霊達の強い怒りは、自然の雨や風、雷を呼べる力を持っていることは間違いない。それは、霊界と繋がった証拠でもある。
村人の誰一人として先祖に関心がなければ、当然そこに災害は押し寄せるに違いない。口では、先祖供養をちゃんとしてますよ、と言うものの、よく聞いてみれば、お墓参りをしてますよ、と話す。先祖はお墓参りではなく、霊界へ入りたいだけなのである。
村ごと町ごと災害に遭ったとなれば、そこを真剣に考えなければ、福島のように何度も何度も災害が襲ってくるようになる。