受賞

GLIFF2016

「ゾウくんとコオロギくん」がアメリカ・五大湖国際映画祭2016・アニメ部門で最優秀賞を受賞した。2年前も「しろくま物語」で受賞し、今回は二度目となる。少しずつ審査員の見方が変わり始め、出品するたびにその評価も高くなっている。 アニメの最終的な映像編集は私が行い、そのチェックはスタッフに見てもらっている。作品が出来るまでは、1年以上かかっているし、大変な作業である。 今回の内容は、たばこの煙で息子を亡くしたゾウが、仲良くしていたコオロギに助けてもらうというイソップ風な物語である。モナコ映画祭のスタッフも賞とは別に、このアニメを評価していた。 来年できるアニメは、これより一段上の内容なので、さらに世界中に私の名前が知られる可能性がある。しかし、日本中に私の名前が知らされるのは、ずっと先になるだろう。なぜなら、日本のマスコミは、宗教がらみの団体が幅を利かせ、私が有名になることを拒んでいるからである。 ともあれ、芸術には総合力が伴うので、狭い偏見に満ちた日本よりも欧米の方が科学や芸術に関しては、純粋な目を持っているし、かなり進んでいると思われる。