受賞のお知らせ

Cult Critic

先日、星椎水精先生の3作目のアニメ「ロボットの逆襲(英:THE INTELLIGENCE!)」が、インドで行われた「カルカッタ国際映画祭(22nd season of Calcutta International Cult Film Festival)」において10月度の最優秀アニメーション賞を受賞しました。

受賞者のページはこちら

大変喜ばしい連絡が入りましたので、皆様にお知らせいたします。
これからも、星椎水精先生の応援、よろしくお願いします。

宇宙クラブ スタッフ

  

星椎水精先生のコメント

今回のアニメ「THE INTELLIGENCE!(知能)」に関して、インドでの受賞は、これで3回目となる。なぜこのようにインドで享けるのかを考えた時、インドは古代から核戦争がよく行われていた場所だったと理解できる。叙事詩「マハーバーラタ」の中にも、おとぎ話のように核戦争のような記述をほのめかしている。
インドの隣のパキスタンにあるモヘンジョダロも核戦争の痕跡があるし、その周辺にも核戦争の跡がある。つまり、今回のアニメのテーマが核による地球の崩壊だったことから、インド人にとっての核の意識は、他の国よりはるかに敏感であると理解できる。