北朝鮮事情

現在の北朝鮮事情は、甚だしく劣悪な環境にある。 食糧不足により、お年寄りは「自爆」つまり「自殺」を強要されている。反体制を唱える者は、刑務所ですぐに処刑となる。或いは反対する者たちを戦車で轢殺される。若い女性は、売春の対象となって中国に駆り出される。生まれたばかりの赤ん坊は、犬のえさに投げ込まれる、という最悪の環境となっている。 従って、浮遊霊だらけの国家が発展するはずもなければ、いずれ国家の末期症状となって崩壊するだろう。崩壊すれば、日本に難民となって押し寄せてくる。 20年ほど前に、韓国の済州島に行った時、宿泊するホテルから出て散歩をしていると、草むらから急に軍服姿の若い男が、銃を向けて現れた。 「こちらから外は出てはならない」と言った。北朝鮮や中国の難民が、ボートに乗って上陸するから、連日海岸を見張っているのだと言う。もうすぐ、日本もそういう現実に直面するかもしれない。浮遊霊は、幽界にも行けず、地上界で右往左往しているために、地上での平和が難しくなりつつある。北朝鮮事情は、それに拍車を掛けているようだ。