募金

『 星椎先生、スタッフの皆様こんにちは。
熊本の地震は相変わらず続いていて、ニュースを見るたびに胸が痛みます。
私に出来る事は、先生もおっしゃっている通り浄霊する事なので、募金するお金をご先祖様に使いたいと思います。よろしくお願い致します。 』

星椎水精先生のコメント

地震は、ある意味で人類の教訓に値する。
「どうしてこんな目に遭うのだろう」と被害者は言っている。
しかし、殆どの家の被害者の顔を見る限り、先祖のことを真剣に考えていた感じではない。
熊本城が崩壊しているのは、細川家の末裔が先祖のことなど考えないものばかりであると象徴しているようにも思える。
熊本城が熊本の代表であるなら、そこが崩壊したということは、熊本市民の先祖も崩壊の危機にあると理解した方が良い。
実は、私は熊本が近くなので、何度も行っている。若いころは、熊本が本社の会社にいた。
その頃は、あまり気にしてはいなかったが、彼らの足が霊的に消えていたのを思い出す。
地に足が着いていなかったのは、こういった大災害を予期していたのだと納得した。
彼らが、地震に遭ったのは偶然ではなく、そのことによって何を考えなければならないのかを見出すことにある。各々が先祖のことをしっかりと考えてさえいれば、このような災害に遭っても大きな被害に遭わなかったのではなかろうか。
今、皆が出来ることは、災害地への募金より、まず自分の先祖への供養にお金を使った方がどれほど先祖が喜ぶであろうか、と思う。

このページの先頭へ