助言

『 いつも、コラムやブログを楽しく読ませて頂いてます。有難うございます。 今日は近況報告といいますか、本から助言を頂きまして誠に有難く、感謝のメールを送らせて頂きました。 会社で凄く理不尽で腹が立つ事があり、イライラして色々と考えていました。 会社というが、ここは会社じゃないな!と。 星椎水精先生の本を読んで心を落ち着かせようとsuper浄霊Ⅲを開きパラパラとページをめくり目に留まったのが、「行」という題名のページでした。 改めて先生のお言葉を読むと、すとんと腑に落ちるといいますか、落ち着きを取り戻せました。 焦りと欲が強すぎたのかな…と反省しました。このページに目が留まったのは、偶然ではなくて、今の私に必要な言葉を頂いた瞬間でした。 現実に振り回されず努力しようと思います。今だけを生きている訳ではありませんからね。 先生の本は私のバイブルですが、こんな風に的確な助言として言葉を下さる事もあるんだととても有難くなりました。 本当に大好きな本ですsuper浄霊。誠に有難うございました。 』 人間には一生を費やす役目があり、それがカルマと言う名でいわれている。「何故こんな目に」と思うかもしれないが、それをひとつひとつクリアして行かねばならない。 周囲の風景を変えるには、ここでの浄霊が一番である。この浄霊に気づかない人も多い中、気づいたことの大きさは、例えて言えば、カルマの近道をしているのである。 いずれ、現在の風景に変化が表れるだろう。ただし、先祖のためだけを願う気持ちを忘れなければ、の話である。