初心

『 いつもお世話になります。「体験談4」読ませて頂きました。 さすがに皆さん良い体験をされていますね。今までの体験談1~3もそうですが、この本には星椎先生や宇宙クラブの皆様、先祖供養を頑張られている皆様(自分も含め)、そして何よりご先祖様の優しさがギュッと詰まった本だと思います。 今回は僕の体験談(水子の供養)を載せて頂き誠にありがとうございました。供養を始めてまだ間もない頃ですね。自分で言うのも何ですが「純粋だなぁ」と感心してしまいました。この純粋さ、忘れてはいけませんね。これからも先祖供養を頑張って参ります。 家系図ですが、行政書士さんが手こづっている様です。父方の母方がなかなか取り寄せられないそうです。「慌てずじっくりお願いします」と伝えてあるので、もう暫く掛かると思いますが、出来次第すぐに報告しますのでよろしくお願い致します。 それでは失礼します。 』 こちらで供養を申し込む時に一番大切なことは、「初心に帰ること」である。殆どの宗教家や団体では、浄霊など許されてはいない。キリストも釈迦でさえこの浄霊に関しては許されてはいなかった。 私の場合は、過去の出来事で大いなる実績と大いなる罪を持っていたからである。大いなる罪とはアトランティスを自分の手で滅ぼしたこと。大いなる実績とは、滅亡したアトランティス市民・全員の魂を救ったことにある。こういった大きな経験がなければ、地球の神が浄霊を認めてくれることはない。地球全体が一つの神だといったのは、過去を遡っても私しか述べてはいない。 そのために、私の肉体が一般のものと同じものであり、霊的に巨大な力は浄霊のみに費やされることになった。だから、浄霊が誰にでも出来ない、という事実を理解して欲しい。そのためには、一体一体の先祖の浄霊には「初心に帰ること」が非常に重要なのである。