初夢

今年の初夢は、奇妙なものだった。

スタッフと大分の別府に旅行に行った夢だった。その時に近くの火山が大爆発を起こして、溶岩が真っ赤な状態でビル群を溶かしていた。私とスタッフは、ビルの最上階で、それを見ながら、「何と言うことか!」とため息を漏らしていた。そして、目が覚めた。

これは、日本のどこかで天変地異が起こる前触れかも知れない。何も起こらないことに越したことはないが、としみじみ思った。

このページの先頭へ