内神様のお浄め

『 今日は我が家の内神様のお浄めを執り行っていただきましてありがとうございました。 時間が近づくにつれて空が曇ってきて、何なんだろうと思いながら目を閉じて、「いままで私達家族を見守っていただきましたことで小さくなられてしまわれて申し訳ございません・・・、これから先生・たくさんの神々さまにお浄めをしていただきます、待っていてください。」そのようなことを心で話していましたら、目の前に四角に近いお顔が見えてきました。「ぅん!」と力を入れておられるようなお顔でした。りりしいといいますか、(神様にしかられてしまうかもしれませんが)これからまた頑張るぞみたいなお顔でした。 立派な力強いお顔を見せていただけましたことをうれしく思います。「これからも我が家を見守って下さい、お願いします。」とお願いいたしました。そうしましたら空からパーッと陽がさしてきました、うれしかったです。 力強いお顔を見せていただけまして本当にありがとうございます。 先生・神々さま・スタッフのみなさま、今日は本当にありがとうございました。 』   私が最初に見たこの内神殿は、米粒ほどの大きさで力もなくしょげていたのだった。パワーを入れると、内神殿は大きく成り、存在感をしっかりアピール出来るまでになった。目に見えないものの存在感は、霊感のある人ほど良く理解できているようだ。

このページの先頭へ