『 今日は、朝から台風一過の良いお天気になりました。 青空が気持ち良いくらいに綺麗に見えて、ご供養の日に相応しく、とても清々しい気分です。 ご供養が始まりだした頃、少し時間ですが職場のトイレの中で、瞑想をする事にしました。 目を閉じた瞬間、小さなフラッシュライトの光が見えましたので、今、成仏されたのだなと分かります。この光、久しぶりに見させていただきました。星椎先生、アトランティスの神様、そしてスタッフの皆様、本日のご供養、ありがとうございました。 』 霊界へ入る前の条件は、強い光の塊になることである。これが車でいうエンジンにあたる。したがって、霊能者が呪文やお経を唱えたところで、このエンジンにあたる光を帯びることがない。この光は、いわば小さなUFOといったところだろう。