先祖霊の障害

 良く自分の病気を先祖のせいにする人がいます。例えば、自分の家は代々ガン家系などといって、ガンが怖いという人もいます。
実際は、先祖は初めからガンを患わせようとはしていません。最初は、軽い症状でお知らせしています。
例えば、軽い風邪、鼻炎、花粉症やアレルギーなど。若い内は、エネルギーでそれらの症状を弾き飛ばすことが多いのです。しかし、年を取れば、それらを弾く力が無くなって来ます。エネルギー体であるオーラも薄くなり、様々な先祖を始めとする霊体の波動を受けることになります。
ここで問題になるのは、初期の段階で、それが先祖や浮遊霊と気づくことでります。星椎先生の場合は、十代半ばくらいから頭痛がひどく、バッファリンを手放すことがなかったそうです。大人になって霊感のある人に尋ねると、昔からの墓が傾いて、しかも崩れかかっていますよ、と言われたのです。早速、調べると江戸時代からの墓は、傾いており、墓を建て替えると頭痛は嘘のように消えたと言っております。
その時も先生は、霊能者の背後で浄霊を行い、煙のように舞い上がって行く先祖の霊を確かめていたそうです。もしあの時、頭痛を先祖からだと思わなかったら、今日の先生は無かった筈です。
つまり、そのようにサインを出している先祖に対して、どのように対処するかです。対処しなければ、先祖の憑依はさらに重くのしかかってきて、最後は肉体が潰される結果を招きます。その時は、先祖霊が、本当の障害となるのです。要は、一刻も早く先祖のサインに気づくことですね。