先祖を救う

『 今年は今までの中で一番多く、ご先祖様を救う事が出来ました。これも、日々の安定や安心の中で生活が出来ている証ですね。来年も今年以上にご先祖様を救えるよう精進してまいりますのでお守りください。では、良いお年をお迎えくださいませ。 』

「・・先祖を救う・・」と言うよりも本質的には自分を救っているのである。確かに形では先祖を救っているように見えるが、彼らが様々な形で訴えていることが、病気になったり事故を起こしたりとかなりの障害になってもいる。これでは、自分が計画していたことすら出来なくなってしまう。そんな障害を少しでも和らげることが、そして、同時に先祖の苦しみを無くし霊界へ導くことによって、自分の目指す道が明るく見えてくるのである。
この一挙両得なことを何故気が付かないのだろうか、と私は思う。
そして、心のこもった先祖の救済が、いかに地球のためになっているのかは、かなりの多くを浄霊しなければ分からないことでもある。

このページの先頭へ