先祖の挨拶

『 盆明け後の17日の朝起床直前に、両親が霊界へ帰ります挨拶をしに来てくれました。

父母のどちらかが夢に現れるのは、今迄に何度かありましたが、2人で揃って「じゃぁ、

帰るから。」と挨拶をしたのは今回が初めてでした。起き上がってから、あぁ、そう言う事かと自身で納得いたしましたが、これも星椎先生の浄霊があってこそ、安心して見送る事が出来るのだと、改めて深く感謝致します。

 前回浄霊して頂きました犬2頭も、一匹は私の事が心配なのか、自分の写真本をひっくり返したり、明け方まだ私が就寝中に、身震いする音を立てたりしておりましたが、もう一匹の方も今朝一声鳴いておりました。2匹とも仲間に加わる事ができましたのも、星椎先生のおかげです。誠に有難うございました。 』

 

霊感があるないにかかわらず、先祖はお礼の挨拶を必ずする。コラムに載っている話を他人事と考えがちだが、実際に自分の先祖が夢で挨拶をした時点で、先祖とのつながりを深く感じる人も多い。

生前から律儀な人は、亡くなってからも律儀な振る舞いをする。動物も同じである。

 

このページの先頭へ