先祖の成仏

先祖の成仏と自分があまり関係ないと思っている人が多い。
先祖の浄霊(先祖供養)を申し込む人の中には、分かる人を適当に行えば良しとしよう、と考えている人が多い。
もしそれで終わった場合、自分が死んだ時、誰が浄霊をするのかを考えたことがあるのだろうか。自分で絶家となった場合、誰も浄霊をしてくれる人がいないとは考えないのだろうか。そこが、非常に不思議である。
本人が死んだ場合、本人の霊は、まず成仏が不可能である。知っている末裔に頼っても、その人が無神論者だったら、まず、数百年は成仏できない。
その前に、先祖から一番最後尾に追いやられるし、「先祖のことは何も考えなかったな!」と先祖からの攻撃に遭う。数百年はおろか、数千年は地上に霊として佇むことになる。
そのような疑問を持たないのが、私としては不思議でならない。
お金がないのに、一生懸命先祖のために費やしたとなれば、成仏した先祖達は放っては置かないだろうし、何らかの救助が行われる。
それには、先祖を思う心が左右する。心のない人は、途中で止まり、死んだ時、必ず大いなる反省がやってくる。もう一度、先祖のことはしっかりと考えて、しかも急いで先祖の浄霊を行った方が良いだろう。でなければ、熊本のような天変地異が突然来た時、亡くなっても地上をさ迷うことになる。
現在、東北地震で亡くなった大半が、実は地上をさ迷っているのを、皆は知っているのだろうか。

このページの先頭へ