催促

『 先日は主人のご供養ありがとうございました。
あれから主人は私の夢に良く出てきて、なにやら楽しそうにいろいろ話をしてくれます。
私は朝起きると内容は全く覚えてはおりませんが…。
ただ、私はうつ病になりつつあり、毎日身体中あちらこちらが痛く。
これは主人ではなく、S家のご先祖様が主人に代わり私に供養を求めていらっしゃるのだろうと考えています。これからも頑張って生きて行こうと思います。 』

星椎水精先生のコメント

こちらでの浄霊を始めたばかりの人に多いメールの内容。先祖たちは、どうしても一旦浄霊が出来るとなると、「我も我も」という状態になる。先祖の数は多いので、とても混雑するようだ。例えて言うならば、混雑する東京の渋谷の交差点でDJポリスを行っているようなものだ。「うつ病」になるのは、当然だろう。しかし、それを乗り越えなければならない。

このページの先頭へ