俳優の死

  俳優・津川雅彦が亡くなった。78歳。彼の場合は、奥さんだった朝丘雪路の霊に引かれて肉体から遠のいた感じである。人は目標と気力を失ってしまうと、肉体のエネルギーが次第に小さくなって霊の世界に行く。
霊界へ行けば一緒になって幸せになる、というのは全くの嘘で、まず地上界で別々に彷徨った挙句、実家へ行ったりお墓に帰ったりと浮遊し続け、そして、末裔に「助けてくれ」と憑依するのが精いっぱいのこととなる。天国とか成仏とかは夢のまた夢である。
こちらで行う浄霊がいかに凄いことかは、亡くなって分かることだろう。
そして、俳優の林隆三も数年前に突然亡くなった。享年70歳。彼は東京でのライブハウスで歌を2時間にわたって熱唱した後、突然倒れ病院に運ばれ、そのまま亡くなったらしい。元々腎臓が悪く、退院したばかりで復帰を試みたが、無理だったようだ。
この症状は、やはり先祖による憑依であろう。しばらくは、実家で彷徨ったり、楽屋へ行ったりするが、一般的には、俳優はビデオや映画に入り込み演技を続けてゆくようだ。そのことが、俳優にとっても幸せなのかもしれない。