供養の感想

『 星椎先生 スタッフの皆様

この度も母方のご先祖様の供養をして頂きありがとう御座いました。

浄霊中はいつもと変わりないのですが今回は瞼の痙攣はなく瞑想中は青、緑、ピンクの順番の感じでグラデーションに色が変わるオーロラみたいな感じの光を見ました。

無事 成仏されて良かったです。

今回のご供養と関係ないと思うのですが昨日 夢をみました。

内容は先生に初めて供養をして頂いた私の祖父が生前に使っていた部屋でテレビを見てくつろいでいました。後 少し攻撃的な蛇もでてきて捕まえようとしたのですが祖父がテレビを見てる部屋に逃げていき消えてしまいました。そんな夢です。

お盆なので祖父は家に帰って来ているのだと感じました。

それも全然悲しそうな顔ではなく普通にテレビを見てくつろいでいたので先生に浄霊して頂いたおかげで今回のお盆は安心して本当のお盆休みって感じで帰ってきたのだなぁ~と思いました。後 蛇の夢は前に先生に成仏されてないご先祖様が蛇になっていると教えて頂いたので まだ成仏されていない別のご先祖様が蛇となって帰って来ているのかと思っています。

話が長くなるのですが蛇のことなのですが昔に私がトイレに行こうと自分の部屋のドアを開けたら目の前の廊下に本物の蛇がじっとしていました。ビックリしドアを閉め電話の内線で親に「部屋の前に蛇がいるから来て~」と呼びました。もう一度 ドアをあけて見てみると蛇はニョロニョロと隣りの部屋に向かって動いていました。親が来た時には隣の部屋に入ってしまいました。隣の部屋は窓も閉まっていて逃げる場所などないのですが隅々探したり お線香の煙を焚いたりしてもまったく見つかりませんでした。それからも何日経ってもみつかりませんでした。親には本当に見たのかと聞かれましたが私は確かに見ました。

今となったら家のご先祖様が蛇になって家にずーーっといたのかなぁ~と思いました。

今回の蛇の夢にしろ私はよく昔から蛇の夢を見てたので苦しんでいるご先祖様が多いのかなぁ~と思っています。名前の知っているご先祖様はほとんど先生に浄霊して頂いたので今回の蛇はもっと古い先祖様なのかなぁ~と思っています。

この度はご供養本当にありがとう御座いました。これからもご供養宜しくお願い致します。 』

 

先祖が亡くなって霊界や幽界にも行けない場合、実家に居座ることが多い。古い家の場合、そのようなことは多々ある。カルマの消化を終えていない人が亡くなると、居座るようだ。飢饉で亡くなったり、殺害されたり、不慮の事故にあったりすると、その頻度は高くなる。その場合、蛇は、そのような霊には格好の場所となる。蛇に居座ったまま生涯を送ることもある。たまたま立ち寄った家で蛇の霊は先祖霊に追い出され、軒下や天井に居続ける。人はそれを守り神だと言うが、そうではなく先祖の霊が入っているだけである。だから、それを殺すと厄介なことにもなる。住んでいた霊は、抜け道を知っているので、隙間から逃げ、落ち着くまで見守っている。浄霊してもらうと、蛇の霊に返して、蛇は元の藪に帰ってゆく。

 

このページの先頭へ