体調

『 星椎先生 姫路様 緒方様 児玉様 先日は、高祖父母の次女様を浄霊を執り行なってくださいまして誠に有難うございました。 浄霊前と後での気づいた事がありましたので報告いたします。 3月7日長女様の浄霊の後、体調が良くなったことに気づいた瞬間、次のご先祖様に憑依されたような気がしました。なんとなく軽く柔らかい感じの障りで、妹さんだろうと推測しました。それからあっという間にのどがチクッと痛みだし咳が止まらなくなりました。想像ですが、「お姉さんが浄霊されてうらやましい。次は私の番ですよ」と言っていたのかもしれません。私の体調のことを同僚に心配されたのですが、霊障とわかって医者に診てもらうような野暮な行動はしたくないので咳を気にせず受け流すことにしました。 浄霊当日の朝は清々しい空気に喜びを感じました。しかし浄霊には前向きな気持ちになれませんでした。 出社早々仕事に追われた為、ご先祖様に想いを馳せることは出来ませんでした。それでも11時の浄霊の時間には瞑想することができたことは幸いでした。 アトランティス神様 星椎先生 姫路様 緒方様 児玉様に感謝を申し上げ、ご先祖様の成仏を祈りました。上に伸びる感じがして頭がゆらゆらゆれました。欠伸(あくび)が3回以上出てしまいました。きれいな白い光が見えましたが膜がかかったようで、はっきりした感じではありませんでした。闇のようなものも見えましたけれどもあまり記憶に残りませんでした。5分ほど経ったとき、胸に喜びが響く感がありとても感動いたしました。このことでご先祖様は成仏されたと確信しました。 眠気と脱力感を断つように、お手洗いから職場に戻って気づいたことは、咳がピタリと出なくなったことでした。周りの人達は私の変化に気づいていないようでしたが内心、凄い!お陰だと感じ入りました。ご先祖様が一人助かると悩みも一つ解決し先祖と末裔の不可分の繋がりを改めて感じました。浄霊の儀 誠に有難うございました。 』


星椎水精先生のコメント

「のどがチクッと痛みだし咳が止まらなくなりました」とあるように、この亡くなった次女は、最期は肺結核のような病気で亡くなったと思われる。 何故そのような症状を浄霊前にお知らせしてくるのかと言えば、様々な病気で亡くなった人を見分けるのには、そのことが一番末裔には分かりやすいことと、本物の浄霊であることへのお知らせでもある。殆どの宗教家には、このことが絶対に出来ないし、少し霊感があれば、その真偽を見分けるのには、絶対的な条件でもある。 ただし、この依頼者には、読んでも分かる通り、心があり純粋である。打算を微塵も感じない。ここが、浄霊がこちらで続くか否かの境界線となっている。