人食いバクテリア

「人食いバクテリア」というのは、「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」が実際の病名で、感染すると、手足の筋肉が急激に壊死し、多臓器不全となり、致死率は30%。今年は、450人近い人が感染し、東京と神奈川だけで4分の1もいる。人口密集地での感染が早く、感染すると、致死率が高いところから、「人食いバクテリア」と名付けられている。
今後は、急速にこの病気が蔓延し、抵抗力のない子供やお年寄りを襲ってくる。
しかし、この病原菌よりも人間の抵抗力の方が遥かに強いのだが、この病原菌に力を貸しているのは、浮かばれていない先祖霊や浮遊霊、そして生き死霊である。病原菌よりも浮かばれていない先祖霊の方が、本当に怖いということを知らねばならない。特に先祖のことを無視する人には、この「人食いバクテリア」は脅威である。

このページの先頭へ