人の足

時々、顔や体に精彩のない人がいる。その中でも、足の見えない人がいる。勿論、肉体の足は存在するが、霊的に足のない人がいる。たぶん、写真で撮ると足が見えていない映像となっているだろう。その人物を良く調べて見ると、足の不自由な先祖が切り取って自分の足に付けたり、或いは前世で足をなくすような事故に遭遇し、今世に引き摺っている。だが、先祖が言うには、「自分たちを大切にしていないから、怒ってこのような処置を考えた」そうである。

このページの先頭へ