井戸のお浄め

『 星椎先生、先祖供養ありがとうございます。

毎日、先生のコラムで龍神上げを読ませて頂いています。家にも井戸があり、現在使っています。

ただ、庭の真ん中にあったため、14年前頃に井戸輪を一つ外し、庭より少し低くし、雨水が入らないように蓋をして、その上を車や人が歩いています。

家の井戸にも龍神様はいますか?

そして使用している井戸でも龍神上げは出来るのですか? 』

 

龍神上げをこのように勘違いをしている人が多い。龍神上げとは、使用していない井戸にふたを閉め、そこに龍神殿が存在したままになっているために龍神殿が立腹している。それでは人間に障りが起こるので、龍神殿を浄め天に返す行為を龍神上げという。

現在、使用している井戸などには龍神殿が確かにおられ、龍神殿も居心地が悪い状態にある。そこで、井戸のお浄めを大半の家では出来ていないので、井戸のお浄めが必要である。私が浄霊の言葉を口ずさむと、姫路が言うには、龍神殿は∞の文字のように喜び舞うようである。是非とも井戸のお浄めをするに越したことはない。

 

 

このページの先頭へ