事故

『 今晩は。本日は、2名の浄霊の儀誠に有難うございました。 仕事の為、瞑想ができませんでしたが、朝、仏壇に御挨拶できましたし、いつものようにお水に泡がプツプツと立って喜んでいらっしゃるのが分かりました。 ぐづついた天候だったにも関わらず、供養が終わったかなと思った頃には、急に太陽が射してその後とても良い天候に変わりました。いつもながら驚くばかりです。 大勢の御先祖様の喜びそのものですね。 先日は、お守りを送っていただき有難うございました。 早めに送っていただいて良かったです。 韓国に渡航させた娘に持たせるため、早めにお願いしましたが、今回、ニュースにありましたが、100台の玉突き衝突車両事故にも幸い難を逃れられ、本当に早めにお守りを頂いて、持たせて良かったと安堵し感謝しております。 先生が仰ったように、ご先祖様が毎日のように私に供養の催促(ラップ音)に来られますので頼りにしてくれているご先祖様の為にもこれからも進めて参ります。 どうぞ宜しくお願い致します。本日は、有難うございました。 』 韓国で100台の玉突き衝突車両事故のニュースがあった。事故に巻き込まれずに良かった、と思う。先祖たちは、確かにラップ音などで浄霊の催促はするが、浄霊をしてもらったお礼はするようだ。このような先祖を助ける姿勢が、先祖からの助けを受ける互助効果が生まれるのである。