事故現場

『 昨年末に星椎先生から浄霊して頂けました大学時代の同姓同名のクラスメイトAさんの原付スクーター転倒事故現場となったフェリー乗降場前を、浄霊後初めて車で通りました。 運休から1年以上が経過して、閉鎖されて無人となったフェリー営業所の建物と施設は夕暮れの中で静まりかえっていました。 でも、確かにその場だけ澄み切っていて暖かい雰囲気に包まれていました。まるで私の車の車内まで浄化されるように感じました。 星椎先生の大変なお力に驚かされると同時に、交通事故で亡くなられた方々、それに様々な事故や災害と事件、過去の戦災や戦乱などで亡くなられた方々が浄霊を受けることが出来たら、どれだけ地域が活性化されることだろうかと考えさせられました。 一人でも多くの方々が星椎先生のところに導かれることを願っています。 』   事故現場は、亡くなった人が霊となって何度もやってきたり、動けないでたたずみ続ける場所でもある。だから、そこを通過する車や人は、よほど注意しないと襲われる可能性がある。居眠り運転や脇見運転をすると、そこら付近では、必ず事故が再現される。 だから、今回のクラスメイトの供養は、そこを走る他の車が大きな事故を起こさずに済んだのではないかと思う。