事故死

『 星椎先生をはじめ、アトランティス協会の皆様、先月は、私の息子(次男)の友人のK様の浄霊を執り行っていただきまして、誠にありがとうございました。
先日、姫路様に浄霊時の様子をお手紙で教えていただきまして、K様が笑顔で霊界に行かれたとのことで、とても嬉しく思いましたし、浄霊をお願いして本当に良かったと思いました。
今回のご供養は私のご先祖様ではなかったので、申込みに少し躊躇(ちゅうちょ)していたのですが、命日の3月が来る度にモヤモヤする想いが増してくるようになっていたので、今回思いきって浄霊をお願いしました。
私の息子の友人の事故死(原付バイクでの単独事故)から12年の月日が経っていましたが、この度、星椎先生に浄霊をお願いしましたところ、快くお受けしていただきました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
私としては、息子の友人の浄霊は、事故の時に一緒に同行していた息子が星椎先生にお願いしてほしい気持ちが強かったのですが、星椎先生の浄霊を理解することは、そう簡単ではないことを日々痛感しておりますので、この度、親の私がお願いさせていただきました。
K様は若くして亡くなり、相当無念だったと思いますが、星椎先生に浄霊していただいて、無事に成仏することができて、本当に良かったと思います。
私も安心すると共に、肩の荷が降りたような気がいたしました。
これも星椎先生の浄霊でなければ味わえない感覚だと思います。
また次のご供養に向けて頑張りたいと思います。この度は、誠にありがとうございました。 』

  

星椎水精先生のコメント

事故死してからの12年間は、当人にとってはかなり長い日々だったろう。自宅、家族、お墓、事故現場、友人の家とそれぞれの場所では、何らかのサインを出していたようだ。それも、必死だった。従って、今回の彼の供養は、当人にとっては大変うれしい事だったのは確かである。しかも、自分の家族ではない他人の家族からとあっては、尚更、恩を感じたことだろう。