中絶

『 私のメールを、先生のコラムで取り上げていただき、有難うございました。

中絶をした同僚女性ですが、嘘をついて仕事を休んだ事で退職になってしまいました。

また、交際相手の反対を押し切って中絶した事で、別れてしまったそうです。

少し休んで仕事を探すと言っていましたが、悪いほうに向かっていくような気がしてなりません。

 

先日、お彼岸で父方W家のお墓参りに行ったときの、お話をさせていただきます。

お墓とは別に、各家の水子地蔵があり、そちらに行ったところ、うちの水子地蔵だけが微笑んでいました。これはお盆に行った時も感じたのですが、もう一度周囲と比べてみました。像の作りが違うというのではなく、一つだけ微笑んでいたので、「これはSuper浄霊をしていただいたお陰だな」と実感しました。

この世に生まれる事ができなかった魂が、ようやく次の転生に向かえるという、喜びの表れなのでしょうね。とても温かい気持ちにさせていただいた、一日でした。 』

 

中絶された水子は、男性よりも女性の体に、しかも子宮あたりに居座るケースが多い。次に生まれる魂の邪魔をしたり、或いは産ませなくしたり、など様々な妨害をするようだ。これは、生命を粗末にする親に対しての神罰である。だから、浄霊によって転生を迎えることができるのは、水子にとっては至福の喜びである。

このページの先頭へ